Technology Blogs by SAP
Learn how to extend and personalize SAP applications. Follow the SAP technology blog for insights into SAP BTP, ABAP, SAP Analytics Cloud, SAP HANA, and more.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
haruki
Product and Topic Expert
Product and Topic Expert
1,746

はじめに


本ブログでは、SAP Datasphere とSAP Analytics Cloud (SAC) の双方向のデータ連携の方法を記載します。

Part1ではDatapshereからSACへのデータ連携(青線)を説明しました。本ブログPart2ではSACからDatasphereへのデータ連携(赤線)を説明します。

 

図1. SACとDatasphereのデータExport&Import連携


本ブログを作成した2022年9月時点では上記のような方法での連携となりますが、今後段階的にSACとDatasphereの統合が進み、2022年Q4時点ではデータモデルおよびカタログの統合が予定され、2023年以降にはSACとDatasphereのデータ基盤が完全に統合される予定です。

 

図2. SACとDatasphereの機能統合ロードマップ


 

本ブログのシナリオ


本ブログでは、「触ってみよう!SAP Analytics Cloud for Planning」で使用しているモデル、データを利用してご説明します。

大まかな流れは以下の通りです。

 

図3. 本ブログのシナリオ概要




    1. S/4HANAなどから実績データをDatasphereに連携する。(本ブログの対象外)

 

    1. Datasphereの実績データをSACの計画モデルに連携する。(本ブログPart1でデータ連携方法説明)

 

    1. 計画データを入力、公開する(本ブログの対象外、触ってみよう!ブログでご紹介)

 

    1. SACの計画モデルを参照する計画テーブル(仮想)をDatasphereに作成し、これをもとに予実対比のビューを作成し、予実分析を行う。(本ブログPart2でデータ連携方法説明)



では、早速本題に入っていきましょう。

 

SACのデータをDatasphereに連携する方法

 

手順概要


DatasphereからSACへのデータ連携は、以下のような手順で進みます。


    1. SACでOAuthクライアントを登録

 


    1. Datasphereでクラウドデータ統合接続(CDI接続)を作成

 


    1. Datasphereでリモートテーブルをインポート、ビューを作成



 

1.  SACでOAuthクライアントを登録


まず、SACにてOAuthクライアントを登録します。(Part1ではDatasphere側にOAuthクライアントを登録しました。)

SACの「システム」→「管理」→「アプリ統合」に遷移し、「OAuthクライアント」より「新規OAuthクライアントを追加」を押下します。(ここのトークンURLは後程使用します)

 

 

図1. [SAC] 新規OAuthクライアント追加


以下の項目を入力・選択し、「追加」を押下します。

    • 名称:任意の名前

 

    • 目的:「インタラクティブ用途及びAPIアクセス」を選択

 

    • アクセス:「データエクスポートサービス」を選択



 

 

図2. [SAC] 新規OAuthクライアント設定


OAuthクライアントが追加されました。この後Datasphereにて「OAuthクライアントID」と「シークレット」を使用します。

 

図3. [SAC] 新規OAuthクライアント


以上でSAC側でOAuthクライアントが作成されました。図1の「トークンURL」、図3の「OAuthクライアントID」、「シークレット」をこの後利用します。

 

2. Datasphereでクラウドデータ統合接続(CDI接続)を作成


次に、DatasphereでSACに対するクラウドデータ統合接続を作成します。

Datasphereの接続より「作成」を押下して新しい接続を作成します。

 

図4. [Datasphere] 接続の作成


接続タイプとして「クラウドデータ統合」を選択します。

 

図5. [Datasphere] 接続タイプの選択


SACへの接続情報として、以下のように選択します。

    1. 接続詳細URL:https://<SACのホスト名>/api/v1/dataexport/administration

 

    1. 接続タイプ:OAuth 2.0

 

    1. OAuthトークンエンドポイント:図1のトークンURL

 

    1. 接続情報(OAuth2.0) クライアントID:図3のクライアントID

 

    1. 接続情報(OAuth2.0) クライアントシークレット:図3のクライアントシークレット

 

    1. データプロビジョニングエージェント:あらかじめ登録済みのDP Agent



 

 

図6. [Datasphere] 接続プロパティ


接続のビジネス名、技術名を入力し「接続を作成」を押下して保存します。

 

図7. [Datasphere] 接続の作成


接続が作成されたら、接続のチェックを行い、正常にDatasphereからSACに接続されていることを確認します。

 

図8. [Datasphere] 接続のチェック


以上で、DatasphereからSACへの接続が設定されました。次に、この接続をもとに実際にデータの連携を行います。

 

3. Datasphereでリモートテーブルをインポート、ビューを作成


SACで作成した計画モデルをDatasphereにリモートテーブルとしてインポートします。

データビルだを開き、「リモートテーブルをインポート」を選択します。

 

図9. [Datasphere] リモートテーブルのインポート


上記2で作成したSACへのCloud Data Integration接続を選択します。

 

図10. [Datasphere] 接続の選択


リモートテーブルのインポートの際、SACの計画モデルのGUIDが必要となります。SACで計画モデルを開き、URLよりGUIDを取得(コピー)します。GUIDはURLの<.../m/model/>以降の文字列です。

図11. [SAC] 計画モデルのGUIDの取得


リモートテーブルを選択します。左に表示されているSACのオブジェクトリストから対象のSAC計画モデルのGUID選択するか、GUIDが見つからない場合は検索ボックスにSAC計画モデルのGUIDを入力してGUIDを検索し、選択します。

 

図12. [Datasphere] リモートテーブルのインポート


必要に応じ、ビジネス名、技術名を変更して「インポート及び配置」を押下しDeploy(配置)します。

 

図13. [Datasphere] リモートテーブルのDeploy


Deployが完了するとデータビルだにてリモートテーブルが表示されます。

 

図14. [Datasphere] Deployされたリモートテーブル


リモートテーブルを開く、データプレビューを行うと、SACから取得したデータが表示されます。

 

図15. [Datasphere] リモートテーブルの確認


 

以上で、SACの計画モデルをDatasphereでリモートテーブルとしてインポートし、SACのデータがDatasphereで活用可能となりました。

最後に、Datasphereでこの計画データと実績データを統合する予実分析データモデルの作成を行います。このデータモデルは業務要件をもとに作成いただく形になりますが、シンプルな例としては以下のように実績のデータとSACの予算データをUNIONするビューとなります。このビューを介してSACでレポーティングを行うことで、S/4HANAなどから連携された実績データとSAC Planningで登録された計画データを統合した予実分析が可能となります。

また、実際の導入の際はSACのAPI仕様(ヘルプ)を考慮の上、データの複製を行うことも検討ください。

さいごに


以上、SACの計画データをDatasphereに連携する方法をご紹介しました。

最初にも触れた通り、現時点ではこの方法でSACの計画データをDatasphereで直接利用することが可能です。

一方、2023年以降に予定されているSACとDatasphereの連携強化により、SACの計画機能を直接Datasphereのデータに対して行うことができる予定になっています。

 

2 Comments