Technology Blogs by SAP
Learn how to extend and personalize SAP applications. Follow the SAP technology blog for insights into SAP BTP, ABAP, SAP Analytics Cloud, SAP HANA, and more.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
hiroki_ito
Product and Topic Expert
Product and Topic Expert
794
概要

このブログは、SAP Data Warehouse Cloud, SAP BW bridgeの簡単な使用例と基礎知識を紹介するシリーズの一部です。このシリーズの目的は、SAP BW bridge, SAP Data Warehouse Cloud, SAP Analytics Cloudがどのように連携するのかを理解することです。

パート 2では、SAP BW bridgeSAP Data Warehouse Cloud のデータを結合する方法について説明します。

 

SAP Data Warehouse Cloud, SAP BW bridgeの概要

SAP BW bridgeは、SAP Data Warehouse Cloud 用にリリースされた最新機能です。主なメリットは、SAP BWの既存のオンプレミス設計を活用しながらSAP Data Warehouse Cloudのクラウドベースの最新機能にアクセスできる点です。詳細については、Overview and Technical Deep Diveブログ記事をご覧ください。

 




 

前提

次のセクションでは、SAP BW bridgeのほか、SAP Data Warehouse Cloudテナントを使用します。


SAP Data Warehouse Could with SAP BW bridge


 




 

パート 2: SAP BW bridgeと Data Warehouse Cloud のデータの結合

ステップ 1: 適切なスペースの選択

次のステップに進む前に、適切なスペースを選択していることを確認します。 Space TypeSAP BW bridgeに設定されていることを確認してください。


SAP Data Warehouse Cloud: Space – bridge


 

ちなみに、SAP Data Warehouse Cloud で作成されたデフォルトのスペースは、Space Type: SAP Data Warehouse Cloudとなっています。


SAP Data Warehouse Cloud: Space – DWC


 

ステップ 2: テーブルのインポート

"Data Builder" アプリから、"Import Remote Table" を選択します。


SAP Data Warehouse Cloud: Import Table


 

ステップ3:接続の選択

BW bridgeへの適切な接続が選択されていることを確認します。


SAP Data Warehouse Cloud: Import Remote Table (1)


 

ステップ4:リモートテーブルの選択

InfoAreaを参照して任意のテーブルを選択し、"Next Step"に進みます。


SAP Data Warehouse Cloud: Import Remote Table (2)


 

この例では、ADSO CMCS12 - CM CS: Service Notification - Items (2LIS_18_IOITEM) を使用しています。


SAP Data Warehouse Cloud: Import Remote Table (3)


 

ステップ 5: リモートテーブルの確認

"Import and Deploy" を選択する前に、テーブルが "Ready for Import" タブに表示されていることを確認します。既にインポートされているテーブルの場合、"Already in the Repository"タブに表示されるため、再度インポートされることはありません。


SAP Data Warehouse Cloud: Import Remote Table (4)


 

インポートが正常に完了すると、インポートステータスが “Import Successful” と表示されます。


SAP Data Warehouse Cloud: Import Remote Table (5)


 

ステップ 6: 新規テーブルを確認する

メインのData Builderタブに戻り、新しくインポートされたテーブルがデプロイ済みとして表示されていることを確認します。


SAP Data Warehouse Cloud: Data Builder


 

新しくインポートされたテーブルを選択すると、テーブルの構造を調べることができます。


SAP Data Warehouse Cloud: Data Builder – Table Details (1)


 


SAP Data Warehouse Cloud: Data Builder – Table Details (2)


 

ステップ 7: テーブルの共有 (任意)

このテーブルを別のスペースと共有する場合は、"Share" を選択してから共有する宛先のスペースを選択します。


SAP Data Warehouse Cloud: Data Builder – Table Details (3)


 


SAP Data Warehouse Cloud: Data Builder – Table Details (4)


 

これにより、テーブルはコピーされずSAP Data Warehouse Cloudの他のスペースに表示されるようになります。







Helpful Information


  • テーブルを他のスペースと共有してもコピーは作成されません。単純に他のスペースからテーブルが見えるようになるだけです。

  • BW bridge spaceは、BW bridgeからのリモートテーブルのみ使用可能です。フラットファイルや他のソースシステムからのデータを結合したい場合は、他のスペースで作成する必要があります。

  • 異なるスペースと共有するのは、特定のビューのみに接続しないようにするために推奨される設計アプローチのためです。



 

以下のデモでは、パート1からの続きのシナリオを紹介しています。

 




 

デモ

このデモでは、SAP BW bridgeと SAP Data Warehouse Cloud のデータを結合するためのステップについて説明しています。



ここまでご覧いただき、ありがとうございました。パート3をお届けできることを楽しみにしています。

 




 

はじめに述べたように、このブログ記事はシリーズの一部になります。以下からその他の記事をご覧いただけます。

パート1:SAP Data Warehouse Cloud, SAP BW bridgeを利用したシンプルなオブジェクトの作成(デモ)

パート2:SAP BW bridgeとSAP Data Warehouse Cloudのデータの結合 (デモ)

パート3:SAP BW bridgeとSAP Data Warehouse CloudでSAP Analytics Cloudを利用する(デモ)

パート4:移行ツールを使用したSAP BW bridgeとSAP Data Warehouse Cloudのオブジェクト移行

[近日公開]パート5:SAP Data Warehouse Cloud, SAP BW bridgeのデータロードについて

 

以下の追加記事も参照ください。

Introducing SAP BW bridge for Data Warehouse Cloud

SAP Data Warehouse Cloud, SAP BW bridge: Overview and Technical Deep Dive