Technology Blogs by SAP
Learn how to extend and personalize SAP applications. Follow the SAP technology blog for insights into SAP BTP, ABAP, SAP Analytics Cloud, SAP HANA, and more.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
KABATA_Kimikazu
Product and Topic Expert
Product and Topic Expert
0 Kudos
620

前回からの続き


 

[ 設定の流れ ]

1. DP AgentのインストールとOracle用の追加設定
2. Oracleデータベースの設定
3. DWCへのDP Agent の登録・設定
4. スペースでの接続設定
5. 仮想テーブルの作成
6. 仮想テーブルのスナップショット/レプリカの切り替え

 

前回は DP AgentのインストールとOracle Database 側の設定を実施したので、今回はDWCでのDP Agentの登録作業やOracleとの連携設定を進めていきます。

 


 

 

DWCへのDP Agent の登録・設定


 

今回の手順で一番メンドクサクて、そして、注意が必要な作業になります。

DWCの画面で左メニューの「管理」ボタンを選択後、「+」マークをクリックしてDP AgentをDWCに登録します。

エージェント名を指定しますが、DP Agentのインストール時に指定したエージェント名 (SapJpn01 ) と同じ名前を指定することをお薦めします (必ず同じである必要はありませんが、運用管理上、同じ名前を付けておいた方がわかりやすいためです) 。


 


 

エージェント画面が表示されたら、この画面を閉じずに、そのまま、DP Agentが稼働するサーバーにログインし、コマンドプロンプトを「管理者として実行」します。

※ Windows の場合は、リモートデスクトップか、DP Agent が稼働しているサーバー上でブラウザを開いてDWCにアクセスすると設定し易いかと思います。


 


 

下記の通り、DP Agent をインストールしたディレクトリ配下のbin ディレクトリに移動後、環境変数を設定し、コマンドを実行します。

6. SAP HANA Connection」、「2. Connect to SAP Data Warehouse Cloud via JDBC」を選択しながらと進んで、上記のDWCの「エージェント設定」の画面の各項目をコマンドプロンプト上でCopy & Pasteを使いながら入力していきます。

パスワードは入力(ペースト)しても画面には表示されないので、入力した手応えと共にリターンキーを押して進めます(少しドキドキします)。
C:\Windows\system32>cd C:\usr\sap\dataprovagent01/bin
C:\usr\sap\dataprovagent01\bin>set DPA_INSTANCE=C:\usr\sap\dataprovagent01
C:\usr\sap\dataprovagent01\bin>agentcli.bat --configAgent
Configuring the Agent at the following location:C:\usr\sap\dataprovagent01
Initializing DPAgent Configuration Tool

************************************************************
DPAgent Configuration Tool
************************************************************
:
6. SAP HANA Connection
:
************************************************************
Enter Option:6
************************************************************
SAP HANA Connection
************************************************************
:
2. Connect to SAP Data Warehouse Cloud via JDBC
:
************************************************************
Enter Option:2
************************************************************
Connect to SAP Data Warehouse Cloud via JDBC
************************************************************
Enter Agent Name:
SAPJPN01
Enter Use encrypted JDBC connection[true]: Valid options: true|false
true
Enter Host Name:
a2600374XXXXXXXXXXXXXXXXXXX.hanacloud.ondemand.com
Enter Port Number:
443
Enter Use Proxy Server[false]: Valid options: true|false
false
Enter HANA User Name for Agent Messaging:
DP_MSG_SAPJPN01

Enter HANA User Password for Agent Messaging:
<※ Copy & Pasteしますが、画面上には表示されません>
Enter HANA User Password for Agent Messaging: (confirm)
<※ Copy & Pasteしますが、画面上には表示されません>

Do you want to save these connection settings? Any existing settings will be overwritten.
Enter [false] if you do not want to save or [true] to save.
true
Agent connection settings for SAP Data Warehouse Cloud have been saved. Restart the agent for the changes to take effect.

Press Enter to continue...

 

設定が終わったら、DP Agent を再起動します。前回と同様の手順で再起動してください。
************************************************************
SAP HANA Connection
************************************************************
:
b. Back
************************************************************
Enter Option:b
Initializing DPAgent Configuration Tool

************************************************************
DPAgent Configuration Tool
************************************************************
:
2. Start or Stop Agent
:
************************************************************
Enter Option:2
************************************************************
Start or Stop Agent
************************************************************
:
2. Stop Agent
:
************************************************************
Enter Option:2
Stopping agent service. Command: sc stop SAP_HANA_SDI_Agent_Service_Daemon_SapJpn01
Stop Service return code: 0
Agent was shutdown gracefully
Press Enter to continue...

<※ Agent did not shutdown completely. Please check the dpagent PID and terminate the process manually.」
と表示されることもありますが、しばらくすると停止します。
タスクマネージャーなどでサービスの停止を確認後に再起動してください。>

Press Enter to continue...


<少し時間をおきます。停止するまで時間が掛かります>

************************************************************
Start or Stop Agent
************************************************************
1. Start Agent
:
************************************************************
Enter Option: 1
Agent service daemon location: C:\usr\sap\dataprovagent01\bin\DPAgentServiceDaemon.exe
Starting agent service. Command: sc start SAP_HANA_SDI_Agent_Service_Daemon_SapJpn01
Start Service return code: 0

Press Enter to continue...

************************************************************
Start or Stop Agent
************************************************************
:
3. Ping Agent
:
************************************************************
Enter Option: 3
Ping successful

Press Enter to continue...

************************************************************
Start or Stop Agent
************************************************************
:
q. Quit
b. Back
************************************************************
Enter Option: q
0

 

DP Agentが再起動したら、DWC側のエージェント設定画面を保存します。

作成したDP Agent のステータスが「CONNECTED」になったら成功です。「エージェントをリフレッシュ」のボタンを何回かクリックしてステータスを確認します。

※ DWCのFree Trial はヨーロッパ環境なので、ステータスがCONNECTED になるまで少し時間が掛かります。


 


 

その後、「・・・」をクリックし、「編集」を選択後、「OracleLogReaderAdapter」にチェックを入れて保存します。


 


 

 

スペースでの接続定義


 

DP Agentの登録は1回で済みますが、対象システムへの接続設定は各スペース毎に行います。

今回はリモートシステム接続専用のスペースを作成します。いつものようにメモリとディスクのサイズを指定して、自分自身をスペースにアクセス可能なメンバーとして追加します。


 


 

その後、「ローカル接続」の項目で「+ (接続を追加)」をクリックし、接続対象のソースシステムの種類を選択します。今回はOracle Database をクリックします。


 


 

次の画面では、Oracle Database が稼働しているサーバー(ホスト名)とOracleにアクセスするためのポート番号(Oracleユーザーの間では有名な1521)、そして、サービス名Oracle Database のバージョンを選択します。

認証情報は、前述のOracle データベース内に作成したレプリケーション用のユーザー名とパスワードを指定します。

さらにその下にDP Agentを指定します。先ほど、設定したDP Agent名を選択します。

 

参考情報 :

Oracle Database ( が稼働しているサーバー) に対しては、DWCは直接アクセスせず、DP Agent がアクセスします。

Oracle Database のアクセス情報はDWC 側で管理し、その情報を元にDP Agent が Oracle Database にアクセスする仕組みとなっています。


 


 

次の画面で接続システム名を指定して「接続を作成」ボタンをクリックします。

「接続をチェック」ボタンをクリックして、接続を確認してください。


 


 

次はいよいよ、仮想テーブルの作成ですが、ここでまた休憩に入りましょう。

次の手順は、意外と馴染みのある操作手順となります。

 

お疲れ様でした !!

 

参考情報:

SAP Help Portal : SAP Data Warehouse Cloud - 管理者ガイド - 「ソースへの接続」

SAP Help Portal : SAP HANA SDI and SAP HANA SDQ