Technology Blogs by SAP
Learn how to extend and personalize SAP applications. Follow the SAP technology blog for insights into SAP BTP, ABAP, SAP Analytics Cloud, SAP HANA, and more.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
kyou_gu
Advisor
Advisor

はじめに


SAP Integration Suiteは次世代のハイブリッドの連携基盤として、Cloud-to-Cloud、Cloud-to-Ground、Ground-to-CloudとGround-to-Groundなど連携シナリオを全面的にサポートしています。

SAP Cloud Integrationで開発したIntegration Flowは、以下の3種類のRuntimeにデプロイして、実行することが可能です。

①. Integration Suite


メインな実行環境として、Cloud-to-Cloud、Cloud-to-Ground、Ground-to-CloudとGround-to-Groundシナリオで利用可能

②. Cloud Integration Content Runtime


SAP Process Orchestration 7.5上に動かすCloud Integraionの実行環境として提供され、 Ground-to-CloudとGround-to-Groundシナリオで利用可能

③. Hybrid Deployment Option


オンプレミス上のスタンドアロンの実行環境であり、Ground-to-CloudとGround-to-Groundシナリオは利用可能。2022年Q4にBeta版がリリースされる予定です。(最新のリリース予定はSAP Road Mapをご参考ください。)

本ブログは、②.Cloud Integration Content Runtime on Process Orchestrationの機能概要について、ご紹介します。

利用環境


Cloud Integration Content Runtime on Process Orchestrationは、SAP NetWeaver 7.5 SPS05以降で提供されるコンポーネントであり、以下のインストレーションタイプがサポートされています。

  • Advanced Adapter Engine

  • Advanced Adapter Engine Extended

  • SAP Process Orchestration

  • SAP Process Integration Dual Usage


ライセンス


Cloud Integration Content Runtimeを利用するには、下記のライセンスが必要です。詳細については、SAPライセンス営業にご確認ください。

  • SAP Cloud Integration license

  • SAP Process Orchestration or SAP Process Integration license


利用可能な連携シナリオ


Cloud Integration Runtime on Process Orchestrationは、下記の連携シナリオで利用可能です。

  • Ground-to-Ground

  • Ground-to-Cloud


利用可能なアダプター


NetWeaver 7.5 SPS21に含まれるCloud Integration Content Runtimeでは、以下のCloud Integrationのアダプターがサポートされています。


Cloud Integration Content Runtime on SAP Process Orchestration新機能は、NetWeaver7.5のSPSより提供されるので、各SPSの機能制約について、SAPノート2195773をご参考ください。


 

初期設定


Cloud Integration Content Runtime on SAP Process Orchestration を利用するには、「PI Configuration Wizard」を実行して有効化する必要があります。詳細はSAPノート2201086をご参考ください。

Configuration Wizardを実行した後で、「Cloud Integration Content」メニューが表示されるようになります。

「Cloud Integration Management Cockpit」画面で、Integration Flowのデプロイ/アンデプロイ、起動/停止することが可能です。

Integration Flowのデプロイ機能


「Cloud Integration Management Cockpit」画面で、Cloud Integrationテナントに接続して、Integration FlowをCloud Integration Content Runtimeにデプロイすることが可能です。

① Cloud Integrationテナントの接続情報を入力し接続します。

② Cloud Integrationテナントで開発したIntegration Flowを選択してデプロイします。

③デプロイされたIntegration Flowが表示されます。

Integration Flow設定機能


デプロイされたIntegration Flowの外部パラメータとログレベルを設定することが可能です。



メッセージの監視機能


Process Orchestrationのメッセージ監視画面で、実行されたIntegration Flowのメッセージを監視することが可能です。

メッセージエラーのアラート通知機能


Integration Flowのメッセージ処理エラーに対して、Component Based Alert機能を利用して、アラート通知を設定することが可能です。

参考情報


Cloud Integration Contentヘルプ

https://help.sap.com/viewer/5cf7d2de571a45cc81f91261668b7361/7.5.18/en-US/14ff0a6d7cd94540bb252f816f...

SAPノート2428801 - FAQ: Cloud integration content in SAP Process Orchestration (PI)

https://launchpad.support.sap.com/#/notes/0002428801

以上です。