Technology Blogs by SAP
Learn how to extend and personalize SAP applications. Follow the SAP technology blog for insights into SAP BTP, ABAP, SAP Analytics Cloud, SAP HANA, and more.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
akaney
Product and Topic Expert
Product and Topic Expert
728
本ブログでは、Google BigQueryとSAP Datasphere とのデータ連携の設定について解説します。

はじめに


Google BigQueryとSAP Datasphere連携のシステム構成の概要図をご紹介します。


*手順を進めるに当たりGoogle Cloud Platformのアカウントが必要であり、こちらのブログではGoogle Cloud Platformのトライアルアカウントでの設定となります。

*また、本ブログでは以下を前提としています。バージョンの相違にご注意ください。

  • SAP Datasphere: 2023.18.67


接続作成に当たり大まかな全体の流れは以下の通りです。

  1. サービスアカウントの作成

  2. APIの有効化

  3. サービスアカウントキーの生成

  4. リモートテーブルの有効化

  5. データフローの有効化

  6. 接続作成


1.サービスアカウントの作成


まず初めに、新しいサービスアカウントを作成します。

サービスアカウントはGoogle Cloudのリソースを使用するために必要なアカウントで、これに付与するアクセス権限によってアクセス可能なリソースを制御することが出来ます。詳しくはこちらを参照ください。(ナビゲーションメニュー>  IAMと管理>サービスアカウント>サービスアカウントを作成)

サービスアカウント名およびサービスアカウントの説明を入力します。
(ナビゲーションメニュー> IAMと管理>サービスアカウント>サービスアカウントを作成)




  • サービスアカウント名:BigQuery_Datasphere

  • 説明:Service Account for Datasphere


次に、「作成して実行」を選択しロールの追加をします。


以下のロールを付与し、「完了」します。

  • ロール:BigQueryデータ閲覧者とBigQueryユーザー



作成したサービスアカウントおよび付与したロールはIAMから確認できます。
(ナビゲーションメニュー>IAMと管理>IAM)



2.APIの有効化


Google BigQueryの外部データベースへの接続はBigQuery Connection APIを使用します。そのため、こちらのAPIが有効化されているかを確認するためAPIライブラリーへ移動します。(APIとサービス>有効なAPIサービス)


APIライブラリページ遍移するので、BigQuery Connection APIを検索します。

  • 有効化するAPI:BigQuery Connection API




無効になっている場合は、APIを有効にします。



3.サービスアカウントキーの生成


SAP DatasphereからGoogle BigQueryにアクセスするために、サービスアカウントキーの作成を行います。サービスアカウントから「キー」タブに移動し、「新しい鍵を作成」を選択します。
(サービスアカウント>キー>鍵を追加>新しい鍵を作成)


 

キーのタイプはJSONファイルを選択し「作成」をすると、ローカルにダウンロードされます。




4.リモートテーブルの有効化


Google BigQueryとの接続はデータプロビジョニングエージェントを使用しない接続タイプになります。そのため、サーバ証明書をSAP DatasphereにアップロードをすることでSSL/TLSベースのセキュアな接続を確立することができ、リモートテーブルを有効化することが出来るようになっています。詳細はこちらをご確認ください。

サーバ証明書の取得は以下のダウンロードサイトから行います。

•       https://www.google.com/


証明書ビューアから証明書のエクスポートを実行します。




こちらでは「GTS CA 1C3.crt」という名前で証明書をローカルに保存しました。

SAP Datasphereへの証明書の追加は次のパスから出来ます。ローカルディレクトリから証明書を選択し、証明書に関する説明を入力します。(システム>セキュリティ>+証明書を追加)



5.データフローの有効化


Google BigQueryにアクセスしてデータフローを使用する場合はODBC経由となるので、必要なODBCドライバをSAP Datasphereにアップロードする必要があります。詳細はこちらをご確認ください。

ODBCドライバの取得は以下のダウンロードサイトから行います。

ドライバのアップロードは以下のパスから出来ます。サードドライバンに移動し、+アップロードを選択します。(システム>データ統合>サードパーティのドライバ>+アップロード)




6.接続作成


接続タイプ一覧からGoogle BigQueryを選択します。(接続>作成>Google BigQuery)



Google Cloud プロジェクトのIDとキーのアップロードを行います。

「キー」には、「3.サービスアカウントキーの生成」で作成したサービスアカウントキーのJSONファイルを指定します。

「プロジェクト」には、Google CloudのプロジェクトIDを指定しますが、このJSONファイルでも確認可能です。


最後に、接続にビジネス名と接続名を付け「接続を作成」します。


以下のように、作成した接続のチェックボックスを選択し、右上にあるチェックを行います。問題なく作成が出来ていれば、このように“接続が有効です”と表示されます。



さいごに


最後までお読みいただきありがとうございました!

以下に参考としてSAP Help Portalのリンクを掲載しておりますので、併せてご確認ください。