Technology Blogs by SAP
Learn how to extend and personalize SAP applications. Follow the SAP technology blog for insights into SAP BTP, ABAP, SAP Analytics Cloud, SAP HANA, and more.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
KABATA_Kimikazu
Advisor
Advisor
0 Kudos

はじめに


 

本ブログでは、SAP Data Warehouse Cloud ( 以下DWC ) の Free Trial 環境を使用して「データをロードして可視化する」までの一連の操作を体験していただきます。

今回のシリーズではDWCの下記の利用ステップについて解説していきたいと思います。

1. スペースの作成と割り当て

2. CSVデータをアップロードしてテーブルを作成

3. ビューの作成 (データ準備)

4. SAP Analytics Cloud との連携

5. ストーリー(レポート)の作成

 

今回は「3. ビューの作成」をご紹介します。


 

ビューの作成


 

複数のテーブルを結合して、ユーザーがレポートしやすい形式にデータを整えます。この作業を一般的に「データ準備(Data Preparation)」と言います。

SAP HANAを使用したデータウェアハウスの仕組みでは、集計結果を別テーブルに格納するのではなく、「ビュー(仮想テーブル)」として保持することを推奨しています。

SAP HANAをDBとして活用すると超高速にデータアクセスができて、オンラインで明細レベルのデータを様々な分析軸で集計できるため、分析レポート毎に作成していた「データマート」の設計、開発、運用コストを抑えることができます。

また、常にビューを介して、テーブルデータを全ユーザーが参照することになるので「One Fact, One Place, Real Time」が実現できます。

 

それでは、操作していきましょう。まずはテーブルの関連付けを行います。

左メニューの「データビルダ」を選択した後、「新しいグラフィックビュー」を選択します。


 

ビューの作成方法はドラッグ & ドロップで行います。

受注明細(Orders)」 テーブル、「顧客マスター(Customers)」テーブル、「製品マスター(Products)」テーブルの順番にテーブルの結合条件を設定していきますが、操作は下記の動画をご確認ください。



 

次にビューのタイプの指定、メジャー、属性の設定を行います。

まず、ビューの名前を付けます。

・ビジネス名 : 売上明細 - グローバル

・技術名 : V_Orders

次に「セマンティック用途」を「分析データセット」に設定します。SAP Analytics Cloud (以下、SAC)でデータを可視化(ストーリー作成)する場合は、ビューのタイプを「分析データセット」に設定する必要があります。

そして、作成したビューを共有したり、この後のストーリー(レポート)作成するためには、「利用のための公開」スイッチを「ON」にする必要があります。


 

分析データセットを指定すると「属性(アトリビュート)」と「メジャー」を指定する必要があります。

簡単に解説すると、「属性」は分析軸の列のことで、「メジャー」はその分析軸によって集計される列のことです。

今回は「NETSALES(売上)」列を「メジャー」に設定します。


 

英語に抵抗があるビジネスユーザーが多い場合は、列名に日本語を設定することが可能です。

メジャーの編集」アイコンを選択して列名(ビジネス名)を設定します。今回は「売上」と変更します。


 


 

次に、分析軸となる下記の項目を「属性」として設定します。

【顧客マスター系の列項目】

・CUSTOMER
・CITYNAME
・COUNTRYNAME
・REGIONNAME

【製品マスター系の列項目】

・PRODUCTNAME
・CATEGORYNAME
・LINENAME

それ以外の項目は非表示に設定します。

複数の列を「Ctrl」キーを押しながら選択して、「非表示」マークをクリックします。


 

※この後の「列名を日本語に設定する」手順での画面で、チェックボックスで表示/非表示の選択することも可能です。

 

メジャーと同様に「属性名」も日本語で設定します。

列の編集」アイコンを選択してビジネス名を設定します。

今回は表示する属性項目のみ、日本語名を「ビジネス名」に追記します。

【属性の日本語名】

・CUSTOMER : 顧客
・CITYNAME : 都市
・COUNTRYNAME :
・REGIONNAME : 地域
・PRODUCTNAME : 製品
・CATEGORYNAME : 製品カテゴリー
・LINENAME : 製品ライン

 


 


 

また、そのビューの説明やタグ付けを行うことが可能です。ビジネスユーザーが検索し易いタグを自由に付加しましょう。

※ 今回は説明を割愛しますが、「ビジネスカタログ」画面から、キーワード検索することが可能です。


 

設定が完了したら、画面上部の「保存」ボタンをクリックし、ビュー名(モデル名)のビジネス名と技術名をそれぞれ確認、保存した後、「デプロイ」ボタンをクリックして、ビューを有効化します。

デプロイ」ボタンをクリックした後、しばらくしてからデプロイが完了した旨のメッセージが表示されます。


 


 


 


 

※ ビューを保存しただけでは利用可能になりません。必ず「デプロイ」ボタンをクリックして有効化してください

 

お疲れ様でした !

次回はデータ可視化するための準備としてSACとの接続設定手順についてご紹介します。