Technology Blogs by SAP
Learn how to extend and personalize SAP applications. Follow the SAP technology blog for insights into SAP BTP, ABAP, SAP Analytics Cloud, SAP HANA, and more.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
yuiyoshikawa
Product and Topic Expert
Product and Topic Expert
1,348

SAP Analytics Cloudは、SAPが提供するクラウドベースのアナリティクスソリューションです。

本ブログでは、トライアル環境へのアクセス手順から、サンプルデータを利用した簡易なダッシュボードを作成するまでの流れを2回に渡ってご紹介したいと思います。

第1回となる今回は、ログインアカウントの登録、サンプルデータの取り込み、データモデルの作成までをご紹介します。

まず、最初にご注意頂きたい点を記載いたします。

※ SAP Analytics Cloudは、四半期に1度のペースで製品のバージョンアップが実施されます。そのため今後のバージョンアップにより、本ブログで紹介する画面キャプチャや、操作が異なる可能性があることをご了承ください。

※ 今回ご紹介する画面の操作には、Google Chromeをご利用ください。

1.アカウントの登録


トライアル環境へログインするためのアカウントを登録します。

    1. 以下のウェブサイトへアクセスします。
      SAP Analytics Cloudトライアル
    2. 「SAP Analytics Cloudを体験する」をクリックし、氏名、メールアドレスなどの入力を行い、「送信」をクリックします。
    3. システムの準備が完了後、入力したメールアドレスにお知らせメールが届きます。
    4. 届いたメールにある「Click to activate your account」をクリックし、パスワードを設定し、「保存」ボタンをクリックします。
    5. 新たに届いたメールにある「Log into SAP Analytics Cloud」をクリックし、記載されているユーザーIDとパスワードを入力します。
    6. SAP Analytics Cloudのトップページが表示されます。
      yuiyoshikawa_0-1708058109263.png

2.表示言語の変更


ログイン直後の状態では、すべてのメニューが英語で表示されていると思います。プロファイルの変更により、日本語のユーザインターフェースへ変更します。

    1. 画面右上のアカウントアイコンより、「Profile Settings」を選択します。
    2. 編集アイコンをクリックし、Language を、「English」→ 「日本語」に変更し、「Save」をクリックします。yuiyoshikawa_1-1708058148863.png
    3.  日本語のインターフェースに変更されたことを確認します。

 

3.モデルの作成


モデルとは、ディメンション(分析軸)とメジャー(数値)からなる分析用データセットの定義体です。例えば、会計年度の定義、ドリルダウンの階層定義、計算ロジックや集計方法などを設定します。

今回はCSV形式のサンプルデータを利用して、モデルを作成する手順をご紹介します。

以下リンクより、サンプルデータをダウンロードしてください。
サンプルデータのダウンロード
※ CSVファイルはUTF-8 エンコードで保存されています。



3-1.データの取り込み


最初にサンプルデータを、SAP Analytics Cloudにアップロードします。

    1. 画面左上のメインメニューより「モデラ」を選択します。yuiyoshikawa_1-1708055883555.png
    2. 「モデル」を選択します。yuiyoshikawa_2-1708056024945.png
    3. 「データから開始」にチェックが入ってることを確認し、「次へ」をクリックします。
      yuiyoshikawa_3-1708056159500.png
    4. データソースを選択する画面で「ファイル(ローカルファイルまたは...)」を選択します。
      yuiyoshikawa_4-1708056375026.png
    5. ソースファイルを選択するダイアログボックスがポップアップします。「ソースファイルの選択」をクリックし、先ほど解凍したCSVファイル(SampleData.csv)を選択します。
    6. 「最初の行を列ヘッダとして使用」にチェックが入っていること、「CSV区切記号」が「自動認識」になっていることを確認し、「インポート」をクリックします。
      yuiyoshikawa_5-1708057071054.png
    7. モデルの設定画面が表示されます。yuiyoshikawa_7-1708057350229.png


3-2.分析項目の設定


正常にデータを取り込めた後は、各項目に対し階層の定義や地理情報の追加など、分析に必要な設定を行います。

    1. メジャーにある「緯度」の「...」をクリックし、「ディメンションに変更」をクリックします。「経度」に対しても同様に行います。
      yuiyoshikawa_14-1708435681994.png
    2. 画面を下にスクロールし、ディメンションの「商品」の「...」をクリックし、「ディメンションテーブルの生成」をクリックします。
      yuiyoshikawa_0-1708433500867.png
    3. 名前を「Product」に変更し、プロパティの「+説明」をクリックします。
      model_1.png

    4. 表示される項目一覧より「商品名称」を選択し、「OK」をクリックします。
      yuiyoshikawa_4-1708058801984.png
    5. 階層の「+親子階層」をクリックします。
      model_2.png
    6. 表示される項目一覧より「商品カテゴリ」を選択し、「OK」をクリックします。もう一度「OK」をクリックして「ディメンションテーブルの生成」ポップアップを閉じます。
      yuiyoshikawa_3-1708433771478.png

       

    7. 続いて、「店舗」に対して同様な設定を行います。ディメンションの「店舗」の「...」をクリックし、「ディメンションテーブルの生成」をクリックします。
      yuiyoshikawa_4-1708434054351.png
    8. 名前を「Shop」に変更し、プロパティの「+説明」をクリックします。
      model_3.png
    9. 表示される項目一覧より「店舗名称」を選択し、「OK」をクリックします。
      yuiyoshikawa_6-1708434208103.png
    10. 階層の「+親子階層」をクリックします。
      model_4.png
    11. 表示される項目一覧より「店舗エリア」を選択し、「OK」をクリックします。
      yuiyoshikawa_8-1708434353485.png
    12. また、店舗の属性として地理情報を追加します。プロパティの「+」をクリックします。
      yuiyoshikawa_11-1708435255281.png
    13. ソースで「緯度」、タイプで「緯度」を選択し、「OK」をクリックします。
    14. yuiyoshikawa_12-1708435354345.png

      もう一度プロパティの「+」をクリックし、ソースで「経度」、タイプで「経度」を選択して「OK」をクリックします。「OK」をクリックして「ディメンションテーブルの生成」ポップアップを閉じます。

      yuiyoshikawa_13-1708435423891.png

       



    15. 続いて、ディメンションの「年月」をクリックし選択します。右のパネルに「年月」の詳細情報が表示されます。右のパネルから「タイプ」を「日付」に変更します。
      yuiyoshikawa_9-1708434582872.png
    16. 名前を「Date」、変換書式を「YYYYMM」に変更し、「OK」をクリックします。
      model_45png.png
    17. メジャーの売上高列の「…」→「データ型を変更」をクリックします。
      model_6.png
    18. データ型を「Decimal」、小数点以下桁数を「1」に変更し、「OK」をクリックします。
      model_7.png

 

3-3.モデルの保存

最後にモデルを保存します。

    1. 右パネル上部にあるキューブのアイコンをクリックし、モデルの詳細を開きます。
      yuiyoshikawa_16-1708436251863.png
    2. モデル詳細パネルより、「計画機能」をオンにします。
      yuiyoshikawa_17-1708436463914.png

       

    3. 画面上部にあるフロッピーディスクをクリックし、モデルに任意の名前を付けて保存します。
      yuiyoshikawa_18-1708436568419.png

       



今回は、トライアル環境へのアカウントの登録から、モデルの作成までの流れをご紹介しました。第2回は、今回作成したモデルを利用して、チャートの作成や、地図上へのデータマッピングなど、分析・可視化する操作をご紹介したいと思います。
触ってみよう!SAP Analytics Cloud―第2回:ストーリーの作成