Technology Blogs by SAP
Learn how to extend and personalize SAP applications. Follow the SAP technology blog for insights into SAP BTP, ABAP, SAP Analytics Cloud, SAP HANA, and more.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
xiaoping_zheng
Active Participant
2019年5月1日、約30年間続いた「平成」が終わり、新しい年号に変わることになります。皇位継承が行われ、日本にとって時代が大きく動く歴史的な1日となるでしょう。

 

しかし、システムエンジニアやプログラマーたちからすると、別の意味で歴史的な1日となるかもしれません。なぜなら、改元(年号が変わること)によって、膨大な量の作業と向き合わなければならない可能性があるのです。

 

幸い、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム製品について、システム全体的な動作について影響はございません。年号変更によって、システムが全体的に使用不可となる心配は要りません。ただし、Web Intelligence(WebI)とCrystal Reports(CR)ドキュメントに日付オブジェクトの和暦フォーマットの影響はございます。

※影響されたWebIとCRの関連機能について、下記のKBAをご参照ください。
2509605 - How to format date object to display Japanese era name in Web Intelligence document

2743997 - How to format date object to display Japanese era name in Crystal Reports 2016 and Crystal...

 

改元を対応するため、現在の問題点は「新元号が発表されていない」ことであります。新元号の名称がわからない以上、システムを修正する作業に移れませんし、その新元号関連ロジックの導入も出来かねます。新元号の話し合いは機密情報であり、正式な発表があるまでは、事前に情報を入手することは不可能でしょう。この状況では、新年号の対応も今の時間ではできず、新年号発表後の時点で、開発部署から対応作業が入り、その以後のSupport Pack(SP)などに含めてリリースすると予想されております。

※新年号は、2019年4月1日に発表と公表する方針
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39595920R00C19A1000000/

 

※最新の対応情報について、下記のKBA情報も掲載しております。

2666982 - 2019 年 5 月からの Web Intelligence における日本の年号変更のサポート

2743966 - 2019 年 5 月からの Crystal Reports 2016 および Crystal Reports for Enterprise 4.2 における日本の年号変更のサポート

 

更新:
新年号は「令和」と発表されております。
Web Intelligence の対応は、SAP ノート2793415 に公開されております。
Crystal Reports の対応は、SAP ノート2779660 に公開されております。