Technology Blogs by SAP
Learn how to extend and personalize SAP applications. Follow the SAP technology blog for insights into SAP BTP, ABAP, SAP Analytics Cloud, SAP HANA, and more.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
KABATA_Kimikazu
Product and Topic Expert
Product and Topic Expert
0 Kudos
577

本ブログでは、SAP Datasphere (以下、「Datasphere」) のDB管理者が最初に行うタスクについて解説します。

基本的な操作の流れは下記の通りです。

 

1. Datasphereのインスタンスの作成

2. ユーザーの作成

3. スペースの作成

4. ロール(権限)の設定 

1. Datasphereのインスタンスの作成

SAP Business Technology Platform (SAP BTP) の環境に入って、Datasphereのインスタンスを作成します。


Datasphereのインスタンスの作成方法は本番用Free Tier (無償トライアル)用の2つの作成方法があるので、下記のブログを参考にインスタンスを作成してください。

SAP Datasphere インスタンスの作成方法 – BTP編 –
SAP Datasphere インスタンスの作成方法 – Free Tier編 –

※ 2023年11月以降にDatasphereをサブスクリプションライセンスで購入されたお客様もインスタンス作成のタスクが必要になりました。
 

2.ユーザの作成

Datasphereにアクセスするユーザを作成します。


左メニューから「セキュリティ」>「ユーザ」を選択します。


「+」ボタンをクリックしてユーザを追加します。

Datasphereの利用者としての「一般ユーザ」を作成する場合は、ユーザID、氏名、表示名、Eメールアドレスを入力して「保存」ボタンをクリックします。すると登録されたユーザにDatasphereにアクセスするためのリンク情報のメールが届きます。

※ この時点でユーザがDatasphereにアクセスしても、権限付与していないので、まだログインできません。


また、「DB管理者」を作成する場合は、「ロール」の選択ボタンをクリックして、「DW (Data Warehouse) 管理者」をチェックしてから「保存」ボタンをクリックしてください。




 

※注意点

DatasphereのシステムオーナーやDB管理者は、自分自身に対してシステム権限/ロールを付与することができません。

3.スペースの作成

「スペース」を作成します。


左メニューから「スペース管理」を選択し、画面上の「作成」ボタンをクリックします。


任意のスペース名を入力します。今回は日本語名で「受注管理」、そしてデータベース内部で保持する英数字のスペース名として「ORDER_ENTRY」と入力します。

スペースの定義画面に遷移し、Datasphere内でスペースに割り当てるディスク領域とメモリ領域のサイズを指定します。

画面上の「保存」ボタンをクリックし、「デプロイ」ボタンでで有効化します。


有効化できたらこの画面を閉じてください。スペースの作成は以上です。


 

4.ロール(権限)の設定

「ロール(権限)」の設定を行います。


ロールの設定手順は2つの手順になります。
(1) ロールにアクセス対象のスペースを割り当てる
(2) ロールをユーザに割り当てる

※ 2023年10月末に「範囲設定済みロール(Scoped Role)」が導入されて、権限設定が柔軟になりました。

詳細はこちらのブログまたはマニュアルご参照ください。
 

(1) ロールにアクセス対象のスペースを割り当てる

左メニューから「セキュリティ」>「ロール」を選択します。


今回は、ユーザに「スペース管理者」の権限を付与する例を参考に手順を紹介します。
「範囲設定済みロール」から、「DW範囲設定済みスペース管理者」をクリックします。


画面右上の「範囲を追加」ボタンをクリックして、先ほど作成した「スペース」を選択後、「保存」ボタンをクリックします。

012.png

 

 

013.png

 

(2)ロールをユーザに割り当てる

続いて、画面左上のタブメニューから「ユーザ」を選択し、画面右上の「+」ボタンをクリックして「新しいユーザを範囲に追加」を選択します。

014.png

 

ロールを割り当てるユーザを選択し、さらにそのユーザがアクセス可能なスペースを選択します。

 

015.png

 


016.png

 

017.png

 

権限が付与されると、権限に応じたメニューが表示されます(再ログインが必要になります)。

 

※補足情報

2024.8 のバージョン(2024/4/11 リリース) から範囲設定済みロールに自分自身を割り当てることができるようになりました。

 

参考 :


はじめてのSAP Datasphere (ブログ)

はじめてのSAP Datasphere : モデリングとデータ可視化 (ブログ)