Technology Blogs by SAP
Learn how to extend and personalize SAP applications. Follow the SAP technology blog for insights into SAP BTP, ABAP, SAP Analytics Cloud, SAP HANA, and more.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
KABATA_Kimikazu
Product and Topic Expert
Product and Topic Expert
0 Kudos
503
本ブログでは、SAP Datasphere (以下、「Datasphere」)を使ったモデリングについて解説します。

今回は「分析モデルの作成」について、操作方法を解説します。


 

 

4. 分析モデルの作成


モデリングの最後の操作は、「分析モデル」の作成になります。


 

 

ここでは、「ファクト」ビューを元に、レポート/分析要件にしたがって、項目名を取捨選択します。

※ 計算メジャー/制限メジャーなどの設定やフィルタ条件の設定を行いますが、今回は説明を割愛します。

 

データビルダの「分析モデル」タブから「新規分析モデル」を選択します。



 

 

「受注明細ファクト」ビューをキャンバス上にドラッグ & ドロップします。全ての関連する情報にチェックを入れてください。


 

 


 

分析モデルの画面では、ファクトビューとディメンションビューの関係が関連図として表示されています。



 

まずは分析モデルの名称と技術名を指定します。

【設定項目/設定内容】

・分析モデル名 : 受注分析モデル

・技術名 : Orders_AnalyticModel



 

 

続いて、レポート画面で主に分析 / レポートする項目をここで選択します。

ここではある程度のレポートでの分析項目をイメージして、項目を取捨選択します。

今回は下記の項目を表示項目として予め削除しておきます(主にID)。

【削除する項目】

・製品カテゴリID

・製品ラインID

・国ID

・地域ID

・都市ID



 

 

項目削除後の画面は下記の通りです。



 

 

削除した項目を復活させたい場合は、ディメンションを選択して表示項目をチェック(再選択)します。



 



 

 

設定ができたら画面上から「保存」ボタンをクリックし、ビューの定義情報を保存します。



 



 

 

分析モデルの作成は以上ですが、ここでデータの内容や集計結果についても確認していきましょう。

画面右上の「プレビュー」ボタンをクリックします。



 

 

この画面を利用して、メジャー項目を選択したり、ディメンション項目を追加して、集計結果のイメージを確認しましょう。



 

 

表示するメジャーやディメンションを選択してください。



 



 

 

集計結果、分析イメージが掴めたら、「デプロイ」ボタンをクリックしてこのビューを有効化して画面を閉じます。



 

 

それでは、いよいよ、最後のデータ可視化の手順「ストーリー(レポート)の作成」に進んでください。

 

参考 :


はじめてのSAP Datasphere : モデリング (ブログ)

はじめてのSAP Datasphere : モデリングとデータ可視化 (ブログ)

はじめてのSAP Datasphere (ブログ)