Technology Blogs by SAP
Learn how to extend and personalize SAP applications. Follow the SAP technology blog for insights into SAP BTP, ABAP, SAP Analytics Cloud, SAP HANA, and more.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
KABATA_Kimikazu
Product and Topic Expert
Product and Topic Expert
0 Kudos
534
本ブログでは、SAP Datasphere (以下、「Datasphere」)を使ったモデリングについて解説します。

今回は「ディメンションビュー」と「ファクトビュー」のモデリングについて、操作方法を解説します。


 

 

1. 「ディメンション」ビューの作成


マスターテーブルをもとに「ディメンションビュー」を作成します。


 

 

データビルダーの画面から「ビュー」タブを選択し、「新しいグラフィックビュー」をクリックします。



 

 

GUIベースのモデリング画面が表示されます。

まずは「顧客ディメンション」ビューを作成します。

「顧客マスター」テーブルをキャンバスにドラッグアンドドロップします。



 

 

「View 1」を選択します。



 

 

ビジネス名と技術名を設定し、「セマンティック用途」に「ディメンション」を設定します。

【設定項目/設定内容】

・ビジネス名 : 顧客ディメンション

・技術名 : D_Customers

・セマンティック用途 : ディメンション



 

 

続いて属性の「編集」アイコンをクリックして、英語の列名を日本語の列名に変更します。



 

 

【設定項目/設定内容】

・CUSTOMERID : 顧客ID

・CITYID : 都市ID

・COUNTRYID : 国ID

・REGIONID : 地域ID

・CUSTOMER : 顧客

・CITYNAME : 都市

・COUNTRYNAME : 国

・REGIONNAME : 地域



 

 

設定ができたら画面上から「保存」ボタンをクリックし、ビューの定義情報を保存します。



 



 

 

「デプロイ」ボタンをクリックしてこのビューを有効化します。

デプロイが完了したら、「閉じる」ボタンをクリックして元の画面に戻ります。



 



 

 

続いて同じ操作で「製品ディメンション」ビューを作成します。

【設定項目/設定内容】

・対象テーブル : 製品マスター

・ビジネス名 : 顧客ディメンション

・技術名 : D_Customers

・セマンティック用途 : ディメンション



 

 

各項目のビジネス名は下記の通りです。

【設定項目/設定内容】

・PRODUCTID : 製品ID

・CATEGORYID : 製品カテゴリID

・LINEID : 製品ラインID

・PRODUCTNAME : 製品

・CATEGORYNAME : 製品カテゴリ

・LINENAME : 製品ライン



 

 

2. 「ファクト」ビューの作成


トランザクションテーブルを元に「ファクトビュー」を作成します。ここではメジャー(分析対象の数値項目)を設定します。


 

 

データビルダーの画面から「ビュー」タブを選択し、「新しいグラフィックビュー」をクリックします。



 

 

テーブルの一覧からトランザクションテーブルにあたる「受注明細」テーブルを選択し、キャンバスにドラッグアンドドロップします。



 

 

「View 1」を選択し、ビジネス名と技術名を設定し、「セマンティック用途」に「ファクト」を設定します。

【設定項目/設定内容】

・ビジネス名 : 受注明細ファクト

・技術名 : F_Orders

・セマンティック用途 : ファクト



 

 

続いて「メジャー」を設定します。メジャーには集計対象となる「分析対象の数値項目」を指定します。

下記の列項目をCTRLキーを押しながら複数選択し、「・・・」アイコンから「メジャーに変更」を選択します。

【設定項目/設定内容】

・UNITPRICE

・QUANTITY

・NETSALES

・UNITCOST



 



 

 

英語の列名を日本語の列名に変更します。

まずは、「属性」の「編集」アイコンをクリックして、下記の項目のビジネス名を修正します。

【設定項目/設定内容】

・ORDERID : オーダーID

・PRODUCTID : 製品

・CUSTOMERID : 顧客



 



 

 

続いて、「メジャー」の「編集」アイコンをクリックして下記の項目のビジネス名を修正します。

【設定項目/設定内容】

・UNITPRICE : 単価

・QUANTITY : 数量

・NETSALES : 売上

・UNITCOST : 単位原価



 



 

 

設定を終えたら、画面上から「保存」ボタンをクリックした後、「デプロイ」ボタンをクリックして、画面を閉じます。

 

それでは、次の手順の「ファクトビューとディメンションビューの関連付け 」に進みましょう。

 

参考 :


はじめてのSAP Datasphere : モデリング (ブログ)

はじめてのSAP Datasphere : モデリングとデータ可視化 (ブログ)

はじめてのSAP Datasphere (ブログ)