Technology Blogs by SAP
Learn how to extend and personalize SAP applications. Follow the SAP technology blog for insights into SAP BTP, ABAP, SAP Analytics Cloud, SAP HANA, and more.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
KABATA_Kimikazu
Product and Topic Expert
Product and Topic Expert
474
本ブログでは、SAP Datasphere (以下、「Datasphere」)を使ったモデリングについて解説します。

今回は「ファクトビュー」と「ディメンションビュー」との"関連付け" の操作方法について解説します。


 

 

3. ファクトとディメンションの関連付け


「ファクトビュー」と「ディメンションビュー」との"関連付け" を行います。


 

 

この「関連付け」の操作は、E/Rモデルを作成して、視覚的にディメンションとファクトの関係を確認しつつ、オブジェクト間を関連付ける「アソシエーション」を定義します。


 



 

 

E/Rモデルの作成


左メニューの「データビルダー」から「E/Rモデル」タブを選択し、「新しいERモデル」をクリックします。



 

 

まず、最初にファクトである「受注明細ファクト」ビューをキャンバスにドラック & ドロップします。「受注明細ファクト」ビューのエンティティが表示されました。



 



 



 

 

続いて1つの目のディメンション、「顧客ディメンション」ビューをキャンバスにドラッグ & ドロップします。「顧客ディメンション」ビューのエンティティが表示されました。



 



 

 

同じ手順で2つの目のディメンション、「製品ディメンション」ビューをキャンバスにドラッグ & ドロップします。「製品ディメンション」ビューのエンティティが表示されました。



 



 

 

続いて、ファクトとディメンションの関連付け(アソシエーションの設定) を行います。

「受注明細ファクト」ビューを選択し、「アソシエーションの作成」ボタンをクリックし、「顧客ディメンション」ビューに対してドラッグ & ドロップします。



 

 

ファクトからディメンションに対して、アソシエーションが作成されました。また、顧客ID同士で関連付けられていることがわかります。



 



 

 

ここでの注意点は、アソシエーションの矢印の向きは、「ファクトからディメンション」の方向であることです。

「ファクトからディメンションに"マスターデータ"を参照する」と憶えると理解しやすいかと思います。

 

同じ手順で、「受注明細ファクト」ビューを選択し、「アソシエーションの作成」ボタンをクリックし、「製品ディメンション」ビューに対してドラッグ & ドロップします。

ファクトからディメンションに対して、アソシエーションが作成されました。また、製品ID同士で関連付けられていることがわかります。



 



 



 

 

画面右上の「自動レイアウト」ボタンをクリックして、表示を整えます。



 



 



 

 

「受注明細ファクト」ビューを選択すると、プロパティで「アソシエーション」が設定されていることが確認できます。



 

 

このアソシエーションの設定とE/Rモデル(図)を保存して有効化します。

ビジネス名と技術名に任意の名前を付けて、「保存」ボタン、「デプロイ」ボタンの順番でクリックし、有効化します。



 



 



 

※ 「デプロイ」ボタンを実行しても、実際にDatasphereにデプロイされるのはDBオブジェクトになるので、ここでデプロイされるのは「受注明細ファクト」ビューの「アソシエーション」の設定変更になります。「ERモデル」自体はデプロイされません。

 

 

参考情報:


「アソシエーションの設定」については、ディメンション数が少ない場合は、「ファクトビューの設定」の中で「ディメンションとの関連付け」を設定することも可能です。

アソシエーションのセクションから「+」ボタンをクリックし、「アソシエーション」を選択します。



 

 

「顧客ディメンション」を選択します。



 

 

自動的に「CUSTOMERID」列で関連付けされていることが確認できます。

今回は列名とデータ型が同じなので関連付けの設定が自動化されていますが、手動で項目名をドラッグ & ドロップして関連付けを設定することも可能です。



 

 

設定ができたら、設定画面上部の「...」 > 「<受注明細ファクト」を選択して、上位の設定画面に戻ります。



 

 

受注ファクトと顧客ディメンションの関連付けが追加されました。



 

 

それでは、次の手順の「分析モデルの作成 」に進みましょう。

 

参考 :


はじめてのSAP Datasphere : モデリング (ブログ)

はじめてのSAP Datasphere : モデリングとデータ可視化 (ブログ)

はじめてのSAP Datasphere (ブログ)