Technology Blogs by SAP
Learn how to extend and personalize SAP applications. Follow the SAP technology blog for insights into SAP BTP, ABAP, SAP Analytics Cloud, SAP HANA, and more.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
KABATA_Kimikazu
Product and Topic Expert
Product and Topic Expert
0 Kudos
本ブログでは、SAP Datasphere (以下、「Datasphere」)を使ってモデリングを行い、SAP Analytics Cloud (SAC) でデータを可視化する一連の操作について解説します(全4回)。

基本的な操作の流れは下記の通りです。

1. スペースの作成 (Part 1)

2. テーブルの作成 (Part 2)

3. モデリング (Part 3)

4. ストーリー(レポート)の作成 (Part 4)



 

本ブログでは、前回のPart 1 に続き、「テーブル作成」の操作方法について解説します。

 

今回、3つのテーブルを作成しますが、CSVファイルをGitHub上にアップロードしましたので、こちらからダウンロードしてご利用ください。


 

2. テーブルの作成


テーブル名や列名を指定してテーブルを作成することもできますが、今回はCSVをもとにテーブルを作ります。

画面左のメニューから「データビルダ」を選択します。


 

続いて、「テーブル」タブを選択し、「インポート」アイコンをクリックしてから、「CSVファイルのインポート」を選択します。


 

続いて「ソースファイルの選択」ボタンをクリックし、ローカルPC上にダウンロードしたCSVファイルを選択します。

まずは「Customers.csv」ファイルを選択してください。選択後、アップロードを行います。



 

するとCSVファイルをもとに「顧客マスター」テーブルの定義が自動生成されます。

サンプルのCSVファイルの1行目に列名を入れているので、その1行目の情報を元に各列名が作成されています。またCSVデータのサンプリングを行い、自動的にデータ型(文字型、数値型など)をセットしています。


 

今回は追加の作業として、「CUSTOMERID」列にキー設定を行います。

CUSTOMERID」列を選択し、「・・・」アイコンから「キーとして設定」を選択してください。


 

また列名やデータ型を変更する際は、「キューブ」アイコンをクリックし、変更してください。

今回の例ではデフォルト設定のままで、変更しなくて結構です


 

元の設定画面に戻る際は「概要に移動」アイコンをクリックします。


 

テーブル定義が確認できたら画面下から「デプロイ」ボタンをクリックします。


ここでテーブルに対して名前をつけます。ビジネス名技術名の2つをつけてください。

※ 技術名はDatasphere内部の SAP HANA Cloud データベース内で管理されます。

・ビジネス名 : 顧客マスター

・技術名 : Customers


 

作成された顧客マスターテーブルを選択すると顧客マスターのテーブルの定義情報が確認できます。


 


 

画面上の「データプレビュー」ボタンをクリックするとテーブルのデータが確認できます。


 

テーブルサービス」タブをクリックし、「インメモリストレージ」をオンにしてください。これは「テーブルのすべてのデータをメモリ上に常に保持する」ことを指定するスイッチになります。


 

設定が終わったら、左上のメニューから「保存」ボタンをクリックし、「保存」を選択した後、「デプロイ」ボタンをクリックして有効化します。



 

デプロイが終わったら「閉じる」ボタンをクリックして元の画面に戻ってください。


 

同じ手順で残りの2つのテーブルも作成します

【Products.csv】

・ビジネス名 : 製品マスター

・技術名 : Products

・キー設定 : PRODUCTID




 

【Orders.csv】

・ビジネス名 : 受注明細

・技術名 : Orders

・キー設定 : ORDERID, PRODUCTID (複合キー)

※ 複合キーの設定は、ORDERID, PRODUCTIDに対してそれぞれキー設定を行ってください。

     2つのキーを同時に選択して複合キーの設定はできません。



 

それでは次の手順「モデリング」に進んでください。

ありがとうございました !! & お疲れさまでした !!