Technology Blogs by Members
Explore a vibrant mix of technical expertise, industry insights, and tech buzz in member blogs covering SAP products, technology, and events. Get in the mix!
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
Mino
Active Contributor
TechEdラスベガスにて、SAP Cloud ALM の Implementation Portal のハンズオンに参加し、「はやく実案件で使ってみたい!」となりました。ので、こちらで紹介してみます。

このブログは、SAP Advent Calendar 2019 の16日目の記事として書いています。

ALMソリューションとしての位置づけ


もともと、SAP の Application Lifecycle Management (ALM) ソリューションと言えば SAP Solution Manager の活用になるのかとおもいます。
こちらの記事によると、

  • SAP Cloud ALMはSAP Solution Managerの競合でも後継でもない

  • オンプレミス向けのSAP Solution Managerと、クラウド製品向けのSAP Cloud ALM

  • 高度な運用ニーズがある場合は、Focused Run という選択肢も


という使い分けのようです。つまり、オンプレの S/4HANA であれば引き続き SAP Solution Manager を使うことになります。

そもそも、現在のところ SAP Cloud ALM の機能として提供されている Implementation Portal は、SAP S/4HANA Cloud MTE にしか対応していません。(STEにも対応していません…)

ここからは、SAP S/4HANA Cloud MTE を導入する、というまだまだ限られたケースでのみ使えそうなお話になります。

SAP Cloud ALM で今できること



  • SAP Activateに基づいて順序立てられたロールベースのタスクリストを提供することにより、チームのOnboardingやスコープ決定を迅速に行います

  • SAP Best Practices のコンテンツ(業務フローなど)を提供し、Fit to Standard ワークショップで発生した要件などを保管できます

  • 実装のためのプロセスをガイドし、プロジェクトの進捗を管理します


(参考:Why You Need Application Lifecycle Management for the Cloud

こちらが、Implementation Portalの概要画面です。

進捗の数字、S-System / Q-System / P-Systemの状況、タスクの完了状況、そして自分の次のタスクが一覧で表示されています。たしかに進捗管理とタスク管理ができそうです。



ここから、TechEdのハンズオンシナリオに沿ってもう少し機能を紹介してみます。

TechEdハンズオンシナリオ


1章:OnboardingとプロジェクトのSetup



  1. ユーザーとしてオンボーディングする(Registration)

  2. プロジェクト名とマイルストーンを定義する

  3. スコープを設定し、適切な国バージョンを選択し、プロジェクトメンバを招待する

  4. 実装するスコープIDを選択する

  5. Prepareフェーズを終了し、Exploreフェーズに進む


プロジェクト名とマイルストーンを定義する画面

国バージョンを選ぶところ。

ハイレベルのスコープを選ぶところ。

もっと細かいスコープを選ぶ(Scope IDごと)

2章:Fit-to-Standard ワークショップの実施



  1. 業務プロセスフローとプロセスの詳細説明を確認する

  2. S/4HANA Cloud のアプリケーションを開く

  3. 要件や、コンフィグレーションで設定する値についてのメモを記載する


Best Practices の業務フローと詳細記述がここから見れます!(英語ですが~)

プロセスごとのボックスから、SAP S/4HANA Cloud のアプリケーションに飛ぶことができます。



Fit to Standard ワークショップの結果として、要件や、コンフィグレーション用の定義値を書き込めます!

 

3章:SAP S/4HANA Cloud コンテンツのアップグレードの管理


 

ここで、講師が環境をアップグレード後の状態に変更します。

  1. ロードマップ/タスクの変更に対処する。

  2. アップグレードまたは変更されたプロセスを管理します。


バージョンアップした後、前のバージョンに簡単に切り替えてドキュメントを参照できます。

もし、新しくオプションのプロセスが追加になっていたら、それに対してどうアクションするかを決めて、プロセスの記述を変更できます。
(例:SAP Cloud Platform Workflow で承認フローを追加する)

4章:要求とプロジェクト進捗の管理



  1. 要件を実現するために、タスクを生成する

  2. タスクのステータスを管理し、プロジェクトチームメンバーにタスクを割り当てる

  3. プロジェクトの進行状況を追跡します。


要件から「タスク」を生成することができます。

タスクを作ったら、担当者をアサインできます。

概要画面の進捗欄で、全体の進捗が確認できます。

Implementation Portalを通じてやりたいこと


S4HCは四半期ごとのバージョンアップにみんな苦労している(※)ので、このツールの活用で上手く乗り越えることができたら、というのが最初の考えでした。
(※ 導入期間中にかならず1回はバージョンアップが入るし、稼動後も3ヶ月はあっという間で、次から次へとバージョンアップが来てしまう)

しかしこうして見直してみると、Best Practices のコンテンツの変更には対応できますが、コンテンツに表現されない部分の差分を把握するには、別途RASD(Release Assessment and Scope Dependency)など別のツールが必要なのかな?と思いました。(次はRASDについても検証してみたい)

あとは素直に、Excelでなくこのツール上で要件やタスクの進捗が管理できたら、プロジェクトメンバで共有しやすくて素敵なのでは、と思いました。英語がハードルですが…。グローバル展開プロジェクトとかだったらばっちりですね。

今使ってみたいと思ったら


まだ、本稼動していないので、アーリーアダプターとして申請することになります。PEを通じて申請するので、実プロジェクトがスタートしていないと難しそうです。
デモやトライアルの環境も、今後準備予定とのこと。(FAQ参照)

参考


Labels in this area