Enterprise Resource Planning Blogs by Members
Gain new perspectives and knowledge about enterprise resource planning in blog posts from community members. Share your own comments and ERP insights today!
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
Mino
Active Contributor

はじめに


SAP S/4HANA Cloud の Public版で使えるFioriアプリのレポート、昔は
「利益センタでフィルタすることはできるけど、利益センタグループでフィルタすることはできなくて不便だな」と思っていました。

しかし気づいたら、グローバル階層を使うことで、利益センタグループでのフィルタ、できるようになっていました。

ここでは、設定手順についてまとめておきます。

この記事は SAP アドベントカレンダー 2023 の12月4日分の記事として執筆しています。

設定手順



  1. 利益センタのグローバル階層を設定する

  2. レポートに階層を表示する

  3. 利益センタグループを選択する

  4. 展開レベルの調整


1. 利益センタのグローバル階層を設定する


利益センタグループを設定済みの場合、アプリ「グローバル階層管理」から簡単にインポートできます。


全利益センタが紐づいているYBPHをインポートしてみます。


有効化を忘れがちなので、しっかり有効化ボタンを押して、ステータスが有効になっていることを確認しましょう。

設定済みの利益センタグループがインポートされ、このように階層ができています。

2. レポートに階層を表示する


今回は「利益センタ - 実績」アプリで表示しますが、操作方法は他のFioriレポートでも共通です。

利益センタの列で右クリックし、階層 >階層選択 を選択します。

検索ボタンをクリックすると、設定済みのグローバル階層が表示されるので、YBPH(全利益センタ)を選択します。


3. 利益センタグループを選択する


このままだと縦に階層が全部表示されていて見づらいので、当初の目的どおり「利益センタグループ」を選択してフィルタしたいと思います。

利益センタの列で、右クリックしてフィルタ を選択します。


階層でフィルタすることが出来ます。今回はシェアードサービスの利益センタグループを選択します。


フィルタすることができました。

4. 展開レベルの調整


そこから下の利益センタが全て展開された状態で表示されて、やっぱり見にくい…という状態かもしれません。

その場合は、「全圧縮」を選択するか、展開レベルを指定して調節できます。


狙った利益センタグループだけが表示されている状態になりました。

必要に応じて、このレイアウトをブックマークとして保存したり、データをこの形でExcelファイルにダウンロードすることが可能です。

 

おまけ キーが長くて見づらいとき


階層表示させたとき、IDの表示方法のデフォルトは「複合キー」となっていて、階層が全て連なって表示されます。

例:A000/0106/A000/YBPH/0YBH119

右クリックで 照会 > IDおよびテキスト > 非複合キー を選択すると、その利益センタグループや利益センタ単品のコードで見れます。

例:0YBH119


すっきり



おわりに


利益センタグループの指定が出来ない、と思っていたのはもう4年くらい前なのですが、最近まで、グローバル階層で階層表示できることには気づいていても、フィルタできることにはまったく気づいていませんでした。思い込みってこわい。

ありがたいことに、S/4HANA Cloudの機能はどんどんアップデートしていくので、随時キャッチアップしていかねばなあ、と改めて思いました。