Additional Blogs by Members
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 
tetsuyakawahara
Active Participant
31,003

10月8日付でSAP GUI for Windowsの最新バージョン7.40がリリースされています。

以下のSAPノートにある通り、SAP GUI for Windows 7.30は2015年7月15日で完全サポート終了、

2015年10月31日に限定サポート終了ですので、それまでに7.40への更新計画を立てる必要があります。

なお、SAP GUI for Windows 7.40は2018年1月9日がサポート終了予定日となっています。

SAP GUI for Windows 7.40がサポートするOSプラットフォームは以下のSAPノートを参照します。

7.30との違いはWindows XPとWindows Server 2003が未サポートになったことくらいでしょうか。

Windows Vista、7、8、8.1とWindows Server 2008(R2)、2012(R2)、いずれも32bit/64bitがサポート対象です。

SAP GUI for Windows 7.40の新機能は以下のSAPノートを参照します。

インストールしてみたのでスクリーンショットありで簡単に紹介します。

まず、SAP NetWeaver Business Client(NWBC) 5.0が統合されました。

SAP Front End InstallerからSAP GUIとNWBCが一緒にインストールできます。

もちろんこれまで通りのスタンドアロンのSAP GUIだけの導入でも問題ありません。

SAPシステムにNWBC経由SAP Logonでアクセスすると以下のような感じになります。

NWBCのフレームの中にSAP GUIが埋め込まれ、タブで切替えらえるようになっています。

左上メニューのシステムセレクタからNWBC、SAP Logon、SAP Logonショートカットへの接続切替やオプションの設定などもできます。

もう一つの大きな変更点としては、新しいデザインBlue Crystal Themeが追加されています。

なんというか、新しいアイコンとカラーパレットはFioriアプリケーションの標準テーマらしいですが、青いですね...

あとは大した変更・強化点ではないですが、以下が挙げられています。

  • サポートライフサイクルの長期化(2014年10月8日~2018年1月9日)
  • インストール周りの改善
  • SAP Screenreader Extensionsがインストールパッケージに同梱
  • SAPカレンダーとOutlook 2010との同期
  • SAP GUI 7.30との完全互換性